タグ:富士登山 ( 6 ) タグの人気記事

みなさ~ん、行って来ましたよ~~!

「一歩一歩0to3776富士登山」ファイナルステージ。
第一ステージから、ファイナルまで・・・
春に、海抜0メートルから歩き始め、とうとう富士山頂ですよ。
すごいでしょぉ~♪

えっとぉ!
どんなイベントなんだかよくわからない方は、まずは、「一歩一歩0to3776富士登山」のブログを熟読??なさってくださいね。

前回の記事でも書きましたが、フルコースを歩く方々と、スペシャルコース(ハンディのある方々、体力に自信のない方々)とに分かれてのイベントです。
それなのに、それなのに・・・・
毎回、みんなが一緒に行動をしている一体感をずっと感じておりました。

がん告知を受けてから、私にとっての一番の恐怖は「孤独感」でした。
家族も、お友達も沢山の方々が私の周りにはおりましたが、それでもなお、怖かった。
それを、追い払ってくれたのは、今回のイベント、そして、皆さんの助けでした。

見えなくなりつつある視力を思いながら、それを自分の命とかぶらせたときもありました。
色々な思いが沢山つまった今回の富士登山でした。

頑張っているのは、私だけではない。
辛いのも私だけではない。
患者家族も、そのお友達も、そしてご遺族も・・・

みんな、みんな前を見て、一歩一歩進んでいこうと、手を取り合ってくれました。
最強の仲間のように感じます。

そんな仲間の方々のおかげで、今回のイベント、大、大、大成功に終わりました。

まずは、私たち、須走コース(麓組)は、山頂アタック隊の皆様に「心のたすき」の証の黄色いバンダナに思いを書き、それを、アタック隊に託しました。
アタック隊の富士山頂挑戦の様子は、kameoyaziさん(通称かめさん)のブログに書かれています。
それを読んでいるだけで、号泣ですよ。

私たちは、前回ご紹介しました、樋口強さん「いのちの落語講演会」を聞きました。
樋口さんのお話は、笑いの中に、感動があり、またまた、私たちにも励みになり、勇気がわいてきました。
それにしても、楽しいお話と落語でした。
山頂アタック隊のお一人の、Sさんは、落語の時だけ、ささっと降りてきたかったわあ・・・なんて残念がっていたくらいです。(笑)
笑うことの大切さ、ひしひしと感じました。

家に帰って、おっとちゃんに、
「私、いっつもおバカな事ばっかり言って、みんなを笑わせちゃってたけど、(性格でして、治らないのよお)もしかしたら、それでいいのかなあ・・」
って言ったら、普通は、うなずいてくれるわよねえ。
おっとちゃんたら、
「人を笑わせることと、人に笑われることは違うからなあ・・・」って言ったの。
かなり、今でも、悩んでる!!あ・た・し。

樋口さんには一緒に写真とってもらったり握手してもらったり・・・○○○まで・・(ぐふふふふ)
樋口さんのお話の中でも、富士山の様子も話していただいたり、ちょうど良いタイミングで、山頂からのメールemoticon-0154-mail.gifが入ったり。
なんだか、そういう些細なところでも、お互いのチームの連帯感が伝わってきたんですよ。
リアル中継でもあったら泣いちゃうねえ。
次回の課題かしら?無理?(爆)

その後は、温泉に行って・・・・
須走五合目までバスで移動。
山小屋で一泊です。
夜、天気が良かったらお星様を見上げながら、
♪「見上げてごらん、夜の星を・・・小さな星の・・・:♪
なんて歌っちゃって、しみじみ出来たんですが、ざんね~ん、曇ってて見えなかったの。
でもね、御殿場星の会の皆様のご協力で、パソコンと、スクリーンを使ってお星様のお話をしてくださったのよ。
う~ん、ロマンチック~~!!

曇っていたので、翌朝のご来光は・・・!!!
見えなかった?!

とんでもはっぷん(豚でも発奮)(飛んでも8分)
<どこかで、「歩いて5分」なんていってる声が・・・笑)
f0028444_17215222.jpg

ほら、その時の一瞬だけ、雲が切れて、お日様が・・・・
なんて素敵なことでしょう。(ウルウル)

すがすがしい早朝の気分のまま、お散歩!!
そこで・・・・

み~つけた!!

格闘家の吉田秀彦さん(1992年バルセロナオリンピック柔道金メダリスト)がいらしたんですのよ!!
これから山頂に登られるとの事!
勿論、みんなで写真とってもらっちゃったわ!
こっちこっち↓
http://blogs.yahoo.co.jp/hachidori2007/15788013.html
あのさあ、吉田さんの右隣が、アタシよ!(ばらしちゃった)
私、しゃがんでいる訳ではないわ。
吉田さんが、台に上っているわけも無く・・・

デカイ!!!!

おっきくて、あったかい手で、ぎゅぅ~っと握手してもらっちゃった!

いて!指が折れた!(爆)そんなわけないじゃん(笑)
優しかったよ!笑顔が素敵!

朝食を済ませ、小富士までハイキング!
f0028444_17303568.jpgこれもまた、私の手をとって、安全に連れて行ってもらったわ。
不安も何にも無く、甘えちゃった!
感謝です。
「小富士登山ばんざ~い」
これも、「小」が付くけど、立派な富士登山よね(笑)

その後は、富士山ナショナルトラストの皆様のご協力で、「植樹」をしてきました。
f0028444_17311679.jpg
富士山の緑を守るために貢献してきましたよ。
ちゃっかりと、私、自分の植えた苗木の場所を覚えてきたわ。
というより、目印になる看板の近くにしたの。
これから、ドライブ方々、見に行く楽しみが増えたりして!
こういう、富士山に対する「愛」が芽生えてくれたら嬉しいって、言ってくださり、全ての人がみんなそういう考えを持ってくれたら、富士山を始め、日本中、世界中が住みよくなるのにね!

植樹が終わり、予定より早く、アタック隊が下山してくるとの事で、私たちは、バスで富士宮口に向かい、感動の、「再会」となったわけです。

下で、黄色いバンダナを振ってお出迎え。
アタック隊の皆さんも、フラックを掲げて降りてきました。

あ~~、この瞬間の感動をどう言葉で伝えたらいいのでしょうか!!

「感動」の一言に尽きます。

もとから泣き虫の私ですが、この時ばかりは、マジ号泣しちゃった!

kameoyaziさんも、「ヤバかった」って言ってました(笑)
みんなで、かわるがわる、万歳三唱の音頭をとり、名残惜しい気持ちを抑えて、解散となりました。

春からのこのイベントは、私たち患者にとって、どれほど力になったかはわかりません。
本当に、本当に、感謝です。

で、「打ち上げ会」はいつかしら??

このイベントは、ファイナルを迎えましたが、一歩一歩の会は、まだまだ、永遠に続きます。
また次のイベントを・・・
来年も??富士山へ?

私もいつか、山頂に行ける様なそんな気になれているのはなぜかしら?

静岡がん患者会「一歩一歩の会」、そして交流サロン「ippo」もまた一歩ずつ前に進んで歩いていきます。f0028444_17582476.jpg
[PR]
by marcia_marcia | 2008-09-01 17:10 | 一歩一歩の会
7月19日。

天候不良で延期となっていた、富士登山第五ステージ、無事行ってきました。
天気は申し分なし。
ちょうど、この日が東海地方の梅雨明けとなった日でした。
勿論、山の天気は変わりやすいので、万全を期して準備し、行ってきました。

コースは、富士山5合目~新6合目~宝永火口付近まで。

富士山富士宮口5合目までマイクロバスで行き、そこから新6合目、宝永火口付近まで歩き、また5合目まで戻ってくると言うコースです。

そう、その火口に行ってきたのよ。
この私がですよ。
すごいことよ。
って、自分で言うのも何なんですが・・・・あはは。

勿論、皆さんのサポートのおかげなんです。
言葉では言い表せないほどお世話になりました。

みなさんに足の置き場、それこそ一歩一歩の踏み出す足の位置から言葉をかけて頂きました。
そのおかげなんです。

今回、私のサポートをしてくださったアスリートのヒデさん
本来なら、フルコースを歩かれる予定だったんですが、急遽サポート組に回ってくださいました。
そのほかにも、サポートに回ってくださった方々には、感謝しきれないほどのありがたさを感じております。

そのヒデさんが見るに見かねて、私に、
「おんぶしましょうか?」
の言葉も出ちゃったんですが、
なんとしても自分の足で歩きたくて、頑張ってみると、いってはみたものの・・・
最初は一歩一歩が怖かった!!

<ちょっと、おんぶされる体験もしたかったと、後悔・・・(笑)>

距離感がつかめないので、「ちょっと段差」との声も、ちょっとってどんだけ?
なんとも、思うように歩けなくて、皆さんにかなり負担をかけてしまったのではと、ちょっと心苦しく思いながらのスタートでした。

でもね、慣れてきたら、なんだかスムーズに足が運べてきたんです。
疲れが出てきた頃、調子が出てきたりなんかしちゃって・・・。(笑)

宝永火口では、ちょっと私の目には見えないかなって思っていた火口の様子が、何となく明るくなってきて、見えましたよ。
霧の中に、ぽっかりと。
f0028444_20284992.jpg

涙が出てきちゃったよ。
こんな感動は、いつ味わっただろうか?
標高2500メートルくらいだそうです。

生きてて良かった~~なんて、しみじみ感じちゃったわ。

私達は、ハンディのある人のためコース(スペシャルコース)で歩いていたんですが、途中の火口付近で、私達の「命のたすき」を背負って、フルコースを歩いてくれているみんなと遭遇。

これは、予定には無かったこと。
なんという偶然。

これまた感動でしょ。

kameoyaziさんがフルコースの様子を書いてくれていますので、こちらを見てね。
パンがパンパンだ~~なんて、私の言いたいようなネタを書いちゃってます。
今回は、広島からguerogueroさん親子さんが参加してくださったんですよ。
どれだけ勇気、元気を頂けた事か・・・(ウルウル)
病気闘病中だって、やれば出来るんだって証明してくれた感じです。

こんな感じで、みんなのおかげで、頑張れました。
自分で言うのも変ですが、ちょっと私っち(スペシャルコース組)も、フルコース組に負けず劣らず偉いじゃん。
すごいじゃん。
やれば出来るじゃん。
なんて、一人感動の渦の真ん中で目を回していた私でございます。(くるくる)

勿論、guerogueroさんをはじめ、フルコースを歩かれてる、サバイバーさんもいらっしゃるんですよ。
励みになります。

来月、30,31日に、いよいよ山頂アタック隊の皆さんは私達の「希望」を胸に登ってくださいます。
その間の二日間。
私達は、有意義な時間をすごせるよう、今、みんなで「すごいこと」考えています。
また、お知らせいたします。

ワクワクしちゃうよ。

もし、皆さん、その日、ご都合が付く様でしたら、富士のすそ野までいらっしゃいませんか?
もれなく、私のハグハグがいただけます。(怖!)

その件は、またお知らせいたします。
[PR]
by marcia_marcia | 2008-07-19 20:25 | 一歩一歩の会
お話が前後しますが・・・

6月1日、富士登山第四ステージに挑戦して来ましたよっ!。
まずはこちらと、こちらと、こちらを・・・

一歩一歩0to3776富士登山
http://blogs.yahoo.co.jp/hachidori2007/folder/516067.html
kameoyaziさんのレポート「山歩きはいつも雨降り」より
http://blog.goo.ne.jp/kameoyazi
ヒデさんのレポート「アスリート 未来に向かって走る」より
http://blog.goo.ne.jp/gnknnru/d/20080602
以上、第四ステージの報告でした。

おしまい!!!

なんちゃって・・・(爆)
  
今回のコースは裾野市須山の富士山資料館(前回のゴール)から、水ヶ塚公園まで。
今回より班分けしての行動となったの。
だんだんと、ハードになってくるって事よ。

我が3班(アンパンの方が良かったなあ)のリーダーkameoyaziさん。
奥様とご一緒に、サポートしてくださったの。
今まで、お話しする機会がもてなかった方々ともお話しすることができ、ますます、親睦が深まった感じがしました。

それから、今回は子供さん達の明るい声が、山々にこだました、そんな印象だったよ。
若い自衛隊のお兄さん達のサポートのおかげかな?
若くない??方も、その元気な声をパワーにしながら、皆さん頑張りました。

だんだんと参加人数も増え、患者さんの参加も増えてきています。
みんなでスクラム組んで頑張る姿が印象的な、そんな会になりそうよ。
そういう中で、今回は、「小さな挑戦者くん」も、本当によくがんばったよ。

☆おばちゃん、負けちゃいられないわ!!
☆有難う。
☆ほんとうにありがとう!!
☆また、一緒に歩こうね。

なんかねえ、マジ、山に入っていくんだなあって感じたよ。
あっちこっちに、なんかの足跡があったみたい。
熊?狸や狐?
鹿の足跡は明らかみたい。
それにね、猪の赤ちゃんを目撃した人もいたってさ!!

ワクワク・・・

《余談ですが、先日から、わが町の町内放送で猿が民家に出没し注意の放送が流れたわ。
うちのおババちゃんが見たってさ!
だから、戸締りに気をつけなくっちゃねえ。》

そうそう、ヒデさんも、kameoyaziさんも書いていなかったことがあったわ。
ぐふふふふ。
私だけしかかけないネタよ。

ホレ!!
f0028444_1512399.jpg
<お弁当の写真よ。kameoyaziさんなんて、食べるのに夢中で、中を写真に撮ってなかったって嘆いていたそれがこれよ。
おメメのお友達へ・・・美味しかったわよ。>

このお弁当も地元のお店が特別に作ってくださったのよ。
こうして、送迎や、お弁当、地域の方々の見えないところでのサポートも私達の活動の拠点となっています。

皆さんに感謝。
特に食べることには・・・・大感謝の食いしん坊マーシャです。

PS
題名の訂正
お弁当、鹿負けた~~ではなくて、馬勝った!!でした。

美味かったなあ・・・。
食いしん坊&お馬鹿なマーシャです。
[PR]
by marcia_marcia | 2008-06-09 15:21 | 一歩一歩の会
一歩一歩の会で、第三ステージ、頑張りました~~!!

今回は、須山浅間神社から、富士山資料館まで。
私たち用?のスペシャルコースは、忠ちゃん牧場(ちゅうちゃんぼくじょうから資料館までです。
でも、皆さんのサポートと・・・そして、嬉しい応援のおかげで、おまけコースも歩いちゃった。
柔らかな土の上で、多少はでこぼこと。歩きにくいところもありましたが、そのつど、声をかけてくださったので、転ばずに??歩けました。
森林浴そのもの。
マイナスイオンのシャワーを浴びているような、なんだか、とっても気持ちがよかったです。
息を、ハアハアさせながらも、とってもおいしい空気をいっぱい吸い込んできました。

私は、自信がなかったので、スペシャルコース+おまけを歩いたんですが、患者さんを含めたほとんどの方が、全部歩いておりました。
驚きと同時に、勇気をもらってる気がします。
その全コースを、いつも、見守っていてくださる方々には、毎度の事ながら感謝で、頭が下がります。
だってね、山ですし思うように携帯の電波が入らないし、サポート隊、すべての人と情報を交換するために、無線がいいでしょ。
重たい無線機をかつぎ、また、ほかの方は、山中での簡易トイレを作るためのテントやら何やらを、かついで歩いてくださってるんですよ。
もちろん、あっては困りますが、救護体制まで・・・。

思い出すだけで、ウルウルしてきちゃう私です。

忠ちゃん牧場での楽しみは・・・・。

がははは。待ってました!
牧場といったら、「ソフトクリーム」よねえ。

マメちゃんや、ぷるちゃんなんかと、食べたいって言いながら、まずはトイレに行って・・・
で、出て来たら。。。。

な、なんと、われらの一歩一歩の会の代表、りんたろうさんたら、もう、ソフトクリームをぺろぺろしてるではありませんか!!
なんてこと!
私たちをさて置いて(怒ぷんぷん・・・)

おこってる暇ないわ。
食べなくちゃ!

「うめぇ~~!」
さすがに、濃厚!

ああ、満足。

その後は。富士山資料館で、お勉強!!
みなさんも、ちょっとこちらを。
https://www.city.numazu.shizuoka.jp/sunzu_r/htm/06_g03.htm
こんな感じ。
みんなが、私に説明をしてくれたので、それなりに、「うなずき」!

その後は、昼食交流会。
今までのコースでは、フルコース歩く方と、スペシャルコース組とが、別行動でしたが、今回は、唯一の合同交流会となりました。
総勢、70人以上。
みんなそろって、お食事です。
「愛鷹荘(あしたかそう)季の里」季節の山菜料理、とってもおいしかったです。f0028444_21473077.jpg

木の香りのする、癒されながらのお食事となりました。
疲れも、ぶっ飛び!

こんな感じで、第三ステージも無事、クリアできました。(だいせいこ~う)

話が前後しますが、今回は、須山口登山道保存会の皆様がサポートに参加してくださいました。
そして、出発前には須山浅間神社の宮司様により祝詞をあげていただき、玉ぐし奉納も行ないました。
みんなそろって、富士登山の成功を祈ってまいりました。

今回のステージでは、須山口登山歩道保存会の皆様、須山浅間神社の方々、そしてゴール、富士山資料館の皆様、愛鷹荘「季の里」の方々に、大変お世話になりました。
地域の方々の、ご協力、暖かな応援がどれほど嬉しいことか、しみじみ感じてまいりました。

で、じゃ~~ん。

またまた、静岡新聞に載っちゃったよ~ん。
ごんちゃんみたいに、新聞紙に乗っかったんじゃないよー。

こっち↓
http://www.shizushin.com/news/local/east/20080518000000000034.htm
須山浅間神社での祈願の様子です。
期限切れで、リンクが開かなくなっちゃってたらごめんね。
お早めにごらんくださいね。
私も、写ってるよ。

では、また、第4ステージに向けて、トレーニングに入ります。
第四からは、いよいよ、山道です。
[PR]
by marcia_marcia | 2008-05-19 21:20 | 一歩一歩の会
4月20日、富士登山第二ステージに挑戦してまいりました。
前日まで、お天気が心配だったのですが、当日は、晴れ間が覗く、絶好の登山?日和でした。

集合は、裾野市中央公園。
今回のステージには、愛する(取りあえずそう言っておかなくっちゃ!)おっとちゃんに一緒に参加してもらいました。

たまには、嫁孝行しなくっちゃねえ。
こんなに良い奥様だもの・・・(爆)

普段、私の言葉でしか一歩一歩の会のことを知らなかった、おっとちゃん。
今回参加して、分かってもらえて、ちょっと嬉しかったです。

ちょっと早目に着いたので、公園散策!
こんなに近くに住んでいたのに、足を踏み入れた事がなかったわ。
あらら・・・、なかなか、良い所だわ。
f0028444_21473143.jpg

皆さんが集合して、記念撮影!
にっこり作り笑顔のその瞬間、私のポケットがぶるぶる・・。
と同時に、「桜坂」の着メロが・・・。
誰だ!こんな時に・・・。

おぉーい!ぷるちゃんだよお。
そう、病友兼親友兼、悪友のぷるちゃんだよお。
ケイタイをいじってたら、私、カメラ視線じゃなくなっちゃうじゃん!

「桜坂」オルゴールバージョンを聞きながら、みんなではい、チーズ!パチり!

どこまでも、写真に写りたがるぷるちゃんなんだあ。
まったくもう・・・。(笑)いつも一緒だよーン。

さあ、9時出発。
本来なら、ここで、私達「スペシャルコース挑戦組」は、皆さんをお見送りするんですが、せっかく、おっとちゃんが付いてきてくれたし、大親友(大悪友??)のマメちゃんも、元気ハツラツ大丈夫って言うので、皆さんと一緒に歩き始めちゃいました!

何とかなるさ!

ちょっと私には足場が悪い山道でしたが、おっとちゃんに攣る下がりながら、「登山」の感覚に慕ってまいりました。
所々、危険な(危険そうな?!)場所には、必ずスタッフが立っていて下さり、声をかけてくださいました。
安心して、歩けました。

中央公園から影ヶ島。
そこからがスペシャルコース。
影ヶ島から、仙年寺。
f0028444_21494398.jpg

景色も良く、ちょっと、富士山は恥ずかしがって雲に隠れてました。
f0028444_21503611.jpg

仙年寺から私達は、交流会会場の「大野路」さんへ。
これまた、美味しい事。
おそばが最高でした。
f0028444_21534595.jpg

私達が、そんな事(どんなこと?)している間、皆さんは、須山浅間神社へと、頑張って歩いてくださいました。
前回、そして今回参加して、気が付いた事。
それは、ほとんどの方が、フルコースを歩いてくださっているという事です。
ほんと、老若男女です。
「えっ!こんなにお年の方が!」(失礼)
「こんなにちびっ子ちゃんが・・・」(うるうる)

でも、ほんと、そう思える方々が、歩いておりました。
何だか、頭が下がる思いで一杯でした。

私達は・・・・
これから、なおいっそう、精一杯、生きていかなくては、ならない・・。
そんな気が改めて湧き出しました。

ゴールの須山浅間神社で、パチり!(写真)

私がどこにいるでしょう!
前ステージのときに、私は美人を探せば判るって言ったら、美人がいない!って、言った方がいたような、いなかったような!! (爆)

仕方が無いから、今回も、ヒントを。
まずは、こちらを。
http://blogs.yahoo.co.jp/hachidori2007/folder/516062.html
向かって、ちょっと左よりの真ん中あたり。
子供さんたちの後ろに、中腰姿勢の美人で、セレブ風の可愛い素敵な女性がアタシ!

これで、オメメフレンズさんにも、私がどんな人か、お分かりでしょ(爆笑)

次回第三ステージは、5月17日です。
だんだんと、富士山に近づいて来ています。
第三ステージにつきましては、裾野駅への往復送迎、又、集合場所の須山浅間神社への送迎がありますので、皆さん、お誘いあわせご参加ください。
そう、そう、第三ステージは、スペシャルコース、フルコースどちらに挑戦された方も、一緒に交流会です。
にぎやかになる事でしょう。
またまた、新しいつながりが出来そうな予感で、わくわくです。

詳しい事、参加申し込みは、こちらで。
http://blogs.yahoo.co.jp/hachidori2007
[PR]
by marcia_marcia | 2008-04-21 21:42 | 一歩一歩の会
行ってきました~~!
レポ遅くなりました。
いやあ、昨日は、はい、寝てました。
身体的な疲れはさほどなかったの。
「夜な夜なウォーキング」してたし、距離も、そう長くはないですからね。
思ったより、筋肉痛も出なくて。
でも、やっぱり、歩き慣れない所を歩く事、そのものが、かなり、私にとっては、神経使ってしまったみたい。
みんなのサポートがどれだけ助かったか、しみじみ実感。
昨日は、肩こり、頭痛が辛かったです。

では、レポに入ります。
ローカルなネタで、つまんなぁーいって?
まあ、そう言わず、お付き合いくださいね

私の、大事なオメメのお友達にも、分かっていただきたいので、<>の部分で写真の説明を入れます。
晴眼者の方は、する~~っと、スルーしてってくださいね。

当日は、お天気もよく、風も無く、最高のコンディション。
沼津千本浜は、穏やかに私達の高ぶる気持ちを包むように微笑んでいてくれました。
f0028444_12155732.jpg

この海水を、頂上まで持っていって、頂上でかけてきてくれるんだって!
富士山も真っ青な空に、真っ白な雪の洋服を着て、最高におしゃれして出迎えてくれました。

「一歩一歩、さあ、ゆっくりおいで、待ってるね♪」
って聞こえたような気がしたのは私だけかしら?!

会のロゴマークの入った黄色のバンダナを身につけ、塩の香りを思いっきり吸い込み、充電。f0028444_12164879.jpg
<富士山に向かって、亀さんが、一歩一歩と書いた旗を持ってにっこり微笑んでいるロゴです。
よく見ると、亀さんの甲羅が、富士山の形になってるわ>

みんなで記念撮影。
その写真は、一歩一歩0to3776富士登山 のブログに載ってるよ。
さあ、「マーシャを探せ」!!
f0028444_12194672.jpg

<3776ミリメートルの横断幕に、目印の大きな旗。
富士山も、映ってるよ>

9時、さあ出発。
途中の浅間町浅間神社の境内は、桜がきれいでした。
ちょっと散りかけて、桜の花びらの舞う中、手を合わせてまいりました。f0028444_12252672.jpg
狩野川にかかる「永続橋」を渡り、河川敷を歩きながら、春を満喫してきました。
「あゆみ橋」を渡り、いよいよ、私達の目指すスペシャルコースのゴール-、沼津市中央公園。

ご~~~る!

うれしい・・・。! (うるうる・・)

皆さんの暖かな手の差し伸べ、そして、いつも声をかけてくださったおかげで、困る事も無く、楽しくスペシャルコース完歩できました。
感謝、感激・・・です。

この後「心のたすき」をこれから、裾野市中央公園までの16キロコースを歩かれる方に託し、私達は、ランチ&交流会。

動いた後の食事は美味しい!

<中華の豪華お弁当です>

歩かれている方々との連絡を取りながら、私達は、定輪時の枝垂桜を見に行きました。
見事でした。
花びらの舞う中、私達は「生きてる喜び」みたいなものに包まれておりました。
f0028444_12305415.jpg


それから歩いてきた方々と合流し、全員で、裾野市中央公園、第一ステージゴールのテープをみんなで切る事ができました。

さも、ずーっと歩いてきたかのように、振舞ってしまった私だったのは、言うまでも有りません(爆笑)

途中、つり橋があったんですが、その上で、ジャンプ、ジャンプ・・・・をしたかった私。
が、一応、病人??ってことで、
「キャ~~、怖いわあ!」
って言っておきました。

ちょっと、ぶりっ子?ぶっちゃった、可愛いおばちゃんしておきました。

って、こんな感じで、富士登山制覇のスタート、第一ステージクリアのお話でした。

な、なんと、この事が、新聞記事となって今朝、報道されていました。

実はねぇ、記者さんから、私達、「乳がん美人三人患者」(ぷるちゃん、マメちゃん、あたし)取材されたんですよお。
でねえ、今朝、おっとちゃんと、美人患者(しつこい!?)マーシャさん・・・探したんだけどない!(笑)

お~~い、記者さあん。
これから、8月まで、いっぱいいっぱい、取材を受け付けるからね~~♪

新聞記事はこちら。↓
http://www.shizushin.com/news/local/east/20080407000000000025.htm(ご覧になったときに、リンク切れになっていたらごめんなさい。)

あははは・・・
以上、小心者の、恥ずかしがり屋のマーシャのレポートでした。。
[PR]
by marcia_marcia | 2008-04-07 12:41 | 一歩一歩の会