「ほっ」と。キャンペーン

辛いときは・・・私の応援歌!

悪性リンパ腫でずっと闘病していた母方の伯父が5日の夜、天国に旅立って逝きました。

私が、緑内障の手術をするときも・・・
角膜移植の手術を受けるときも・・・
そして、乳がんになったときも・・・
抗がん剤の副作用で、辛かったときも・・・

いつも力強い言葉をかけてくれた。
通り一遍のお見舞いではなく、何かと心遣いをしてくれた。

伯父は我が家(実家)の近くに住んでおりましたので、病弱な母を助け、私たち兄弟は、小さい頃から、いつも、伯父の家族にお世話になることが多かった。
だから、その頃の思い出が走馬灯のようによみがえってきて、懐かしさでいっぱいです。
ですから、私の父が亡くなってからは、父親代わりにかわいがってもらいました。

そんな伯父が、治療の甲斐もなく逝ってしまいました。

入院中は、意識が朦朧としている中でも、家に帰りたがっていた伯父。
痛さも、辛さも苦しさも・・・そして不安もなくなって、念願の我が家に帰って来た訳です。
8日が友引ということで、8日がお通夜、9日が告別式になり、丸2日間、我が家でゆっくり休むことが出来ています。
これも、伯父の願いだったのかな?

私は、今年の春から、今まで、ものすごく沢山の喜びと素晴らしい出会いと感動を味わってきた。
その中で、人とのちょっとした気持ちのすれ違いが合ったり・・・

何が悲しかったって、友人も私と同じ病気で亡くなった。
父方の叔父も逝ってしまった。
いつも、ゴンと一緒に私にやさしく話しかけてくれたご近所のオバちゃんも、亡くなり・・・
私がいつも励まされていたブログのお友達も卒業され・・・
そして、今度は伯父・・・

最高の感動の数ヶ月の中に、最高の悲しみ。

なんだか、「人生」なんてものをしみじみと感じさせられました。
人との別れの中には、教えられることって沢山あるんですね。
お一人お一人との別れで、私は、また一つ強くなれた気もします。

と、きっぱりと言えるまでには、ちょっと時間がかかりそうですが、でも、結論はそうなんだと確信できました。
ですから、それを実感できる日まで、精一杯頑張ろうって思います。
皆さん、私にそんな日が早く来るよう、お力を貸してください。

って言うか、今までと同じように、お気楽脳天気な私とお付き合いください。
私は、誰がなんと言っても私のままでしか生きられませんから・・・

くだらないダジャレ言って、虫歯丸出しで笑って・・・(歯医者行け~っ!)
嬉しいって言っては泣いて・・・(わ~い!)
悔しくて泣いて・・・(ちくしょ~!)
楽しくて飛び上がり・・・(足をくじいて)
美味しいっていってはよだれをたらし・・・(幸せ!)

そんな私のままで、私の人生を見つけていけたらいいなって思っています。

☆~・~・~・☆

先日、ラジオを何気なく聴いていたら、流れてきた曲。
イルカさんの歌っている「いつか見る虹~モルダウより~」

NHKのみんなのうたで、先月まで流れていました。
わざわざ、その時間に合わせて「みんなのうた」は見ていませんでしたが、よく耳にしていました。
そんな方もいらっしゃるのでは?
その時は、いい歌だわ~~くらいにしか思っていなかったのですが、こんな今の私の心境のときに、偶然耳に入ってきて、思いっきり泣いちゃいました。

こちらから聞いてみて!
http://jp.youtube.com/watch?v=C5i-XyME6oA&feature=related
たぶん、これからの私自身の「応援歌」になって行きそうです。

ついでに、さだまさしさんの「男は大きな河になれ~モルダウより~」
こちらも一緒にどうぞ!
素敵な歌です。
http://jp.youtube.com/watch?v=zkN4gz0iPME&feature=related

どちらも、私の心に「どっきゅ~~ん」
[PR]
by marcia_marcia | 2008-08-06 17:57